パソコンカフェやしちの備忘録

システム屋に日々ある問い合わせと感想と備忘録

win8.1とwin 8のupdate トラブル

hirogura.com

Windows 10/8.1 で更新プログラムの確認が遅い・終わらない場合の対処法 - ぼくんちのTV 別館

win 10の強制update から早1年近くになる。この時期になって、突然update が出来ないの問い合わせが複数きている。

基本的には、UpdateかけるとUpdateの検索していますのまま永遠「検索しています。」のまま。。。

ひとまず、上記の情報をもとに調べてみると、確かに見てみるとwindows  update  client のバージョンか古い。

 

KB3173424当ててみました、エラー!!! kbもあたらない、、、、汗

ふるいKBもあてて、何とかクライアントのUpdateはできたけど、TimeUP。

結果が確認できなかった。。。

 

たぶん、うまくいったと思いますが、お客にはだめならWin10にUpdateしましょうと伝えました。

うーん。ちょっとMSの指示に従わなかった結果がここにきて面倒なことなっている感じがいなめない。

 

まーWin7 WIN8 Win8.1ともうお客には勧めらられないと感じました。

 

 

workflow.runtime.dllってなに?ウィルススキャンができない!!!

f:id:nminamo:20170406021232p:plain

ウィルスソフトで定期的にスキャンさせている端末でどうしても毎回44%や45%あたりでスキャンが止まってしまう現象が発生していた。

毎回止まる原因はworkflow.runtime.dllというファイルで、これが何なのかわからない。どうやら.net frameworkあたりに付随するファイルらしいが、Redistry内には複数の項目があり削除するわけにもいかない、、、うーんどうしたものかとも思いました。

なんか、削除ツールらしきものはあるのですが、それも怪しい感じなので、

とりあえず、このDLL整理してしまえばいいのであれば、きRegistry Clenerが使えるのでは????

 

ひとまず、今まで利用していたCClenerを入れて、Registryのお掃除してみたのですが、あまり効果が見られない。。。

そこでGlaryUtilityもためしてみたところ、その後のScanが正常に行くようになりました。

理由は検証中ですが、ひとまず解決策発見!!! ちなみにGlary入れると広告が出るし、Update多いし作業終了後、即削除ですね。 性能はいいのですが。。。。